読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力値はぶっぱするもの。

トリプル勢の日常

かげふみ概論 ~かげふみによる択の減少とサイクルカット~

滅びパ以外でかげふみゴチルゼルを使っているのは珍しいらしいので、特徴と使用感を自分なりにまとめてみた。(個人的にトリプルはシングルのサイクルパの扱いに似ていると思っているので、そういう見方で見てもらえるとわかりやすいかもしれないです。)

かげふみの効果

トリプルではかげふみポケモンを中央におけば相手全体が、端におけば対角以外をキャッチすることができる。ゴーストタイプは捕まえられない。

ちなみに使えるのは  と  と  。(今回はゴチルゼルを中心に考察していきたいと思います)

 これを通常のパーティーに応用できないか考えたところ、以下のことを発見した。

 

1.狙った相手に技を当てやすい(交換読みをしなくてよい)

シングルとトリプルの最大の違いともいえる場にでるポケモンの数、これにより交換読み攻撃がとても難しくなっている。シングルでは「何がでてくるか」のみ考えればいいが、トリプルでは「何が、どこにでてくるか」まで当てなければならない。また、場に3体出ているので読み外した時のリスクが大きい。しかしかげふみがあれば、そもそも交換読みをする必要がなく、対面での状況のみ考えればよくなる。そのため思考の整理がしやすく、相手のサイクル崩壊を狙いやすい。(副産物として迷って時間切れになることがなくなる)

 

2.相手のサポートポケモンを置物にできる

トリプルではサポートポケモンがパーティーに入っていることが多い(例 カポエラー、ニャオ二クス、クレッフィ、エルフ―ン、ドーブル, etc)。見ての通りこれらのポケモンは攻撃性能がほぼないので、役割が終わったら引っ込めることが多い。脱出ボタンカポエラーが最たる例である。これらを捕まえた場合、相手は盤面にアタッカーを多くても2体しかおけないためダメージレースで優位に立ちやすい。自分が使っている横取りゴチルゼルであれば、壁も神秘も張らせず完全に腐らせることが可能です。

 

3.滅びパに少し耐性がつく

シングルでも滅びは強いですが、トリプルは対角にいても一回の滅びで6体に判定が入るので強力です。(ニコニコでポケセグ(トリプル)で検索するとうまい滅びパの動画がでてきます。)しかしこちらにかげふみポケモンがいれば、相手も滅んでしまうため容易に滅べません。また滅ぶことに重きを置いているパーティーでは火力のないポケモンが多いのでダメージレースで勝つことができます。

 

4.サポートポケモンとして非常に優秀な技を覚える

これはゴチルゼル単体の話になってしまいますが、かげふみだけでも存在意義があるのに加え、トリプルに必須の要素であるS操作技のトリックルーム、サポートポケモンへの挑発、横取り、味方の補助の両壁、神秘、アタッカーを回復させる癒しの波動など数多くの優秀な技を覚えます。また種族値もH‐B‐Dが70‐95‐110とサポーターにしては高いのも優秀です。

 

ここまででおおよその強さはわかっていただけたと思うのですが、もちろん弱点も存在します。

 

1.サポートポケモンなので単体性能が低い

横にアタッカーがいないと盤面を固定しても火力が低いため、眼鏡ニンフなどのアタッカーに好き勝手やられると何もできず死にます。

 

2.単エスパータイプ。トリプルでメジャーなギルガルドキリキザンヒードランニンフィアに滅法弱い

トリプルのアタッカーとして有名なポケモンに全く手がでない上に、一貫性の高いゴーストと悪が弱点なので、交換の際に裏に負担がかかる。

 

・まとめ 

使ってみて思ったのはこんな感じです。かげふみゴチルゼルと相性のいい要素としては、耐久の底上げをする威嚇、通りの良い地面タイプ(ランドロスドリュウズなど)、強力な全体技をもつポケモン(ニンフィアボーマンダ)、威嚇ポケモンへの交換をさせないため高火力物理アタッカー(ガルーラバンギラスキリキザンなど) だと思います。

サンプルがてら過去の自分の構築をのっけておきます。

【トリプル1800】サイクルバンドリマンダスイッチ【代筆】 - 人生=詰みサイクル

 

かげふみの最も強いところは交換択の排除により安定択を選びやすいところだと思います。トリプルで勝てるようになるには、「どれが安定択でアドがとりやすいか」を見つけることだと思っているので、なかなか勝てないというかたは使ってみてはどうでしょうか?

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。少しでも新規参入者が増えれば幸いです。またこの企画に誘ってくださったヒマリさん(@Freely_wave)、ありがとうございました。 

質問、足りない要素などあれば、@Wittig_pokeまでお願いします。